201204
07
土曜日

最終ゴールから逆算して考える

先日、不思議な夢を見ました。

年老いて、長寿を全うする小生の最後を、娘が看取り、その小生の目を閉じるところを、小生が横から眺めている・・という夢でした。

今月には待望の我が子が生まれてくるのですが、男の子か女の子かは生まれてきてからのお楽しみにしておりまして、実際のところ性別はまだ分からないのです。

ですが、これまで数回夢に出てきた我が子はいつも「娘」ですし、奥さんの夢に出てくるのも「娘」でしたので、ひょっとすると生まれてくるのは、女の子かもしれません。
(父親として、溺愛するでしょうね)

さて、夢の話に戻りますと、先日見た夢は実に縁起のよろしい夢ではないかと思っております。

そのように言えるにはいくつか理由がありまして、ひとつ目は長寿を全うして死を迎えること。

昨今の、環境の悪化、天変地異や社会情勢の激変を考えると、自分に与えられた寿命をまっとうするのは容易ではなくなってきていると思います。人間の生物学的な寿命は、125歳ぐらいと言われていますが、おそらくほとんどの人は寿命をまっとうする前に亡くなっています。人間はいつか必ず死ぬ存在ですが、同時にいつ死ぬかわからない儚い存在であることに気づかされます。

ふたつ目は親である小生が、我が子より先に死ぬこと。めでたいことを書いてくださいと頼まれた一休禅師は「親死に 子死に 孫死に」という言葉を遺したといわれています。今月我が子が生まれる我が身を考えましても、親より先に子供が死んだり、孫が死ぬことほど、悲しくて辛いことはないと思うのです。前述しています自分を取り巻く環境を考えますと、先に生まれた者が先に死ぬということは、当たり前のように見えて当たり前ではない、有り難い(発生確率が小さい)ことなのだと思うのです。

みっつ目は、家族や友人に人生の最後を看取られること。一人暮らしの人が死後発見される事例が増えていることを、テレビや新聞が連日のように報じております。その人だけの人生を歩み、家族や仕事もあったはずのことを思うと、一人で人生の旅路を踏み出すことに、どうもやるせない気分が湧いてきます。確かに、人間は最終的には自分一人で死に向き合わなければなりません。そのような存在だからこそ、家族や友人と満ち足りた時間を過ごしながら、人生の最後を迎えることができるのは、自分にとっても残された家族にとっても重要なことだと思うのです。

小生は夢を通して、日頃あまり意識することがない死について考えるきっかけになりました。人間誰しも必ず迎える死を、自分はどのように迎えたいのか、事前に考えておくことは重要だと思うのです。

また家族とお互いの「死に方」について考え、話し合うことは、今を生きる上でも重要なことだと思うのです。出産を控え、今里帰り中の奥さんと今度話し合ってみようと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
201202
18
土曜日

もういくつ寝ると

2月に入りましても厳しい寒さが続いていますが、この寒さが和らぎ春を感じる4月には、我が子が生まれてきます。

奥さんの胎の中に新しい生命が宿ったことを聞いてから、生まれてくるのはまだ8か月先だから、時間もたっぷりあるし、いろいろなことを用意してあげよう!と意気込んでおりました。

ですが、気が付いたら、意気込みのまま時が過ぎてしまって、あと2ヶ月に迫っています。。。

そろそろ準備をしなければいけないと焦りを覚えたのですが、いろいろな方が育児グッズと譲ってくれたり、肌着はすでに奥さんが揃えていたりと、本人が知らぬ間に、着々と我が子をこの世に迎えるための準備がなされています。

おお、とてもありがたいことです!


そしてもう間もなくすると、パパとママに会いにくるために、我が子が生まれていきます。

そのような我が子を宝物のように大切な存在として迎え入れ、何があっても全存在をかけて守ろうと思っています!
(もちろん、奥さんも!)

父親として覚悟を決めていかなければなりません・・と思うとある土曜日午後の昼下がりなのであります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
201202
06
月曜日

ウォンツ・ジャパンがスタートします!

久しぶりのブログ更新になりますが、本日はひとつご案内があります。

株式会社ウォンツのパソコン教室部門ならびに、スクール向け教材「クロスラーニング」開発部門は、「株式会社ウォンツ・ジャパン」として分社化し、本日2/6より営業がスタートしました!

ウォンツ・ジャパンでは、全国のパソコン教室様とそこに通われる生徒様が、学びを通して、楽しい時間を過ごし、人と人とのつながりを喜び、そのつながりが強化されるように、質の高い教材と様々なサービスの提供を行っていきます。

 パソコン教室向けクロスメディア教材「クロスラーニング」はこちら
 
わたくしはウォンツ・ジャパン事務局の長として、お客様と会社をつなぐ架け橋となり、会社事業がお客様やパートナー企業、そしてスタッフを豊かにしていけるように、自分の役割を全うしながら、全力で走っていきます!

新会社がスタートするにあたり、過去に自分が取り組んできた仕事について思いを巡らしていたのですが、今の仕事につながる、仕事をする上での原体験と呼べるものがあったことを思い出しました。

前職時代に、アルバイトで入ってきたある方に、ほんの入門的なことでしたが、Web制作の仕事を教えたことがあるのです。

その方と数年ぶりにお会いする機会があったのですが、今ではある会社に就職をして、その会社のWeb制作を担当しているのことでした。

小生から当時教わったWeb制作がきっかけで、今の仕事に就くことができたのですよ、と感謝の言葉をいただきました。

もちろん、その方のとてつもない努力があったからこそ、今の仕事があるわけですから、小生がかかわったこととしたら、ほんのわずかなものでしょう。

ただ、自分が教えたり伝えたりとかかわったことがきっかけで、その方が生きていく道を見つけたのでしたら、これはこの上ない喜びであります!
(意外といいことしているのですね)

新会社のスタートと時を同じくして、このことを思い出したのは、この感動を何度も追体験できることを目指して、これからの仕事に取り組みなさいという天からのメッセージなのかも知れません。

自分の仕事に改めて定義づけができたわけですが、自分なりに自分の仕事に定義づけできていることは、仕事をする上で大事なことと思うのです。

とにかく仕事にやる気が出てきますよね!

ウォンツ・ジャパンそして、ウォンツのファミリー企業共々、事業をますますと拡大して、皆様に貢献できればと思っておりますので、引き続き、ご支援いただけましたらとても嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
201111
22
火曜日

そういえば、今日は11月22日

私たちの体は各部位から成り立っていますが、それらはそれぞれの役割を果たし、お互いが連携しあいながら、ひとつの体を構成しています。

どこかが優位とか、これはいらないというものはひとつもありません。

足の小指を箪笥の角にぶつければ(考えただけでもきゃー!ですね)、その痛みはまさに全身でのたうちまわるほどですし、嬉しいことがあれば、体全体が飛び上るほどであります。

自分にとって一番身近な体がそうなっているのですから、これを家族や会社、地域、ひいては地球全体まで広げて、組織が一つの身体のように痛みも喜びも共有する、そしてお互いに助け合う関係ができるのであれば、さぞかしそこはとても過ごしやすい幸せな世界だと思うのです。

こういう組織づくりを目指したいと思っておりますが、隗より始めよとありますように、まずは身近な家族からスタートしなければです。

そういえば、今日11月22日は「いい夫婦」の日ですね。

自分にとって一番の応援団であります、奥さんの存在に改めて感謝して、ありがとうを直接伝えたいと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
201110
19
水曜日

営業冥利に尽きる

ブログがご無沙汰しておりました。

つい先日まで「暑い、暑い」と言っていた気がするのですが、気が付いたらここ2,3日で気温がぐっと下がって肌寒くなり、スーツの方も冬物を箪笥から引っ張り出しました。

衣替えと同時に気分も一新して、2011年も楽しい一年だったと振り返られるように、仕事でもプライベートでも今からラストスパートをかけたいと思っています(笑)


さて、つい先日お客様からとても嬉しい一言をいただきました。

「向川さん(小生の名前ですね)と仕事をご一緒できて、本当によかったです!」

こちらこそご一緒させていただき、感謝な気持ちでいっぱいなのですが、この言葉をいただいて、とても嬉しいです!


ああ、この仕事をしていてよかった、営業冥利に尽きる瞬間でした。


成果に応じて報酬が上がることも営業の仕事をする上でのモチベーションになりますが、こうしたお客様の声は仕事をする上で何よりの励みになりますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
201108
16
火曜日

父親ハンドブック

ちょっと調べ物をしていましたら、「父親ハンドブック」という東京都が発行している、これから初めて父親になる人のための小冊子があるのを発見しました。


WebからはPDF版を無料で閲覧することができますし、都庁に行けば有償(140円)で製本版を手に入れることができます。


東京都福祉保健局>父親ハンドブック


行政の発行なので、お堅い作りなのかしらと思っていたのですが(←失礼しました)、マンガでの解説でわかりやすいし、体験談も豊富で、読んでいてとてもためになります。


インターネットをうまく活用すると、必要な情報を効率よく見つけることができます。


「無知はコスト」という言葉がありますが、適切な情報を知っておくとは経済的にもとても有効です。


育児については実践あるのみなのでしょうが、事前に適切な情報を知っておくと、トラブルは格段に減らすことができますし、何より心に余裕ができると思うのです。
(出産育児一時金という制度があることを初めて知り、余計な心配がひとつ減りましたよ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
201103
28
月曜日

ビジネスマナー研修応援キャンペーン開催中です

b_manner.jpg


東北地方太平洋沖地震により被災されました方々に、謹んでお見舞い申し上げます。

被災地の一日も早い復興を心よりお祈りしております。


あと少しで4月になり、新年度には大勢の方が新社会人としてスタートされます。


業種や職種に関係なく、新入社員のスキルアップ研修に不可欠なものとしては、ビジネスマナーがあります。


ウォンツでは新入社員のスキルアップを応援するべく、「ビジネスマナー研修応援キャンペーン」を開催中です。


まとめてご注文頂くことで、ビジネスマナーに関する映像講座が、大変お得になるキャンペーンです。

1セットの場合・・・

通常価格から【10%OFF】!

46,980円(税込)!


2セットご注文の場合・・・

通常価格から【45%OFF】!

56,980円(税込)!!


3セットご注文の場合・・・

通常価格から【【57%OFF】】!

66,980円(税込)!!


是非ともこの機会を利用して、社員のスキルアップにお役立てください。


▼詳細・ご注文はこちらからどうぞ。
http://wants.jp/ouen/

▼サンプル動画はこちら
http://wants.jp/shopping/products/business_manner/

▼資料のダウンロードはこちら
http://wants.jp/ouen/doc/wants_business_manner_dvd.pdf

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
201101
14
金曜日

新春の新規受講生を募集中!

wants_b4_side_omo.jpg

ただいま、パソコン教室★ウォンツ!福井本校では、新春の新規受講生を募集中です!


1月17日(月)~1月22日(土)の一週間は無料体験会を開催中でして、

 ・パソコンを初めて操作する

 ・写真を家族に見せるようになりたい

 ・昨年の年賀状作成に一か月以上の時間がかかってしまった

 ・パソコンを活用して、仕事を充実させたい

 ・上記に該当する方が身近にいる

で福井市近郊にお住みの方は是非とも一度、パソコン教室にお問い合わせください。

100分の授業を、1コマ10名様限り、無料で受講することができます。

■お問い合わせ先
 パソコン教室★ウォンツ!福井本校
 910-0841
 福井県福井市開発町7-1-1竹下ビル1F
 TEL&FAX:0776-52-3714

優しくてかわいい先生が懇切丁寧に、しかも楽しくパソコンのことを教えてくれますよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
201012
24
金曜日

ハートウォームな絵手紙のPVが届きました

気がつけば2010年も12月24日を迎えまして、2010年も残り一週間となってしまいました。


年末の慌ただしさの中にあっても、今日はクリスマス・イブだったことに気がつくと、大切にしたい人のことに思いが馳せるのであります。


クリスマスには、プレゼントを贈る、つまり、大切な人への思いをかたちにするステキな習慣があります。
(贈ることも贈られることも随分ご無沙汰していますね)


小生はどちらかというと、心の内を余り言葉にするのが得意でない人間ですから、こうしたプレゼントを贈る習慣に託けて、思いをかたちにして伝えることができます。


不器用な人間にとっても、クリスマスは素晴らしい習慣だと思います!


そんなクリスマス・イブの日に、ステキなプレゼントが当社ウォンツにも届きましたよ!

とある方が、当社が企画・運営しています「絵手紙倶楽部」に寄せられた絵手紙を使って、ハートウォームな動画を作成して、プレゼントとして贈ってくださいました。


なんと、クリスマスプレゼントとして、間に合わせるために必死に制作されたのこと!


本当に手が込んだ映像でして、制作には時間もエネルギーもたくさん要したと思うのですが、クリスマスまでに間に合わそうという、その心意気がとても嬉しいです!


わたしが最初描いた時は、黒と黄と赤しか使いませんでしたが、絵手紙には制約はありませんんで、手軽さな気持ちで始めることができるのです!


絵手紙を描くことは、もちろん強制ではありませんが、まずは心の思うままに、大切な身近な人に向けて描いてみてはいかがでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
201012
19
日曜日

寒い日の心温まる風景

木枯らしが吹きさぶ渋谷の街で信号待ちをしていた時のこと。


二人の会話にぎこちなさと遠慮が残っている、付き合いだしたばかりと思しき高校生カップルも隣で信号待ちをしておりました。


どうやら、今日のデートで初めて二人が手を握ったようで

(女の子)「遂に(手を)握っちゃったね」

(男の子)「そうだね、遂に握っちゃたね」

(女の子)「寒いから仕方ないよね」

(男の子)「寒いから仕方ないね」

と会話が続き、こんな寒い日だからこそ、二人の距離が縮まったようです。


その二人の会話を隣で聞いたいた小生は、

「どうぞ二人の恋がいつまでも続きますように」

と心の中で初々しいカップルの行く末を祈ったのであります!


彼らから見ると、今は功を経たおじさんになってしまったわけですが、初々しい二人を眺めていると、過ぎし日の自分のことが思い出され、あんな初々しさを持ち合わせていた時もあったのだなとしみじみした信号待ちのちょっとした時間でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スタッフBLOG更新情報

SEARCH


RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RSS
mobile版はこちら